【50代・60代を変えるネオソバージュ】今と昔の違いとは?ふんわり感でおばさんぽさを解消!

【50代・60代を変えるネオソバージュ】今と昔の違いとは?ふんわり感でおばさんぽさを解消!

細かいカールが根元から毛先にまでかかっているソバージュ。今時にアレンジされたネオソバージュとよばれるスタイルが人気なのをご存じでしょうか。

ショートヘアでも楽しめる軽やかさが魅力となっているようです。

昔のソバージュとは違うふんわりした雰囲気は、やさしげな印象を作り出す上、50代60代の大人の髪の悩みも解消してくれます。

白髪や薄毛などを目立たせず、華やかな若さを引き出すネオソバージュについてご紹介いたします。

ネオソバージュとは?昔のソバージュとの違いも!

ネオソバージュは、毛先まで細かいウェーブがかかったヘアスタイルを指します。

実はソバージュは、1980年代に流行った髪型でもあります。

ソバージュと言えば昭和のイメージがあるという方も少なくないでしょう。

昔と今のソバージュの大きな違いは「ゆるさ」です。

バブル期に大人気だったソバージュは根元から毛先まで均一にかかった強目のパーマが特徴的。フランス語で「野性的な」という意味をもつ言葉のとおり、ボリュームのあるワイルドなロングヘアでした。

それに対してネオソバージュは以下の違いがあり、雰囲気が大きく異なっています。

・全体的にふんわりした、少しゆるめのパーマ

・ランダムなカールでやわらかな印象

・重心は下目でトップのカールはゆるめ

・髪の毛の長さは関係なく、さまざまなヘアスタイルに

髪全体にパーマがかかっていることは変わりませんが、印象はやわらかく、スタイリングはナチュラルに仕上げることが多いスタイルです。

そして、ロングヘアのイメージが強かったソバージュと違い、ショートやボブにもなじみやすいのが魅力です。短めのスタイルはスタイリング方法により表情を変化させやすく、いろいろな見せ方を楽しむことができます。

さらにソバージュのメリットであるスタイリングのしやすさが引き継がれているのは、かなり嬉しいポイントです。

50代60代にネオソバージュをおすすめする理由

ネオソバージュは若々しく爽やかな印象を与えてくれるので、50代、60代の方にも人気のあるスタイルです。

以下で50代60代にネオソバージュをおすすめする理由を3つ紹介させて頂きます。

分け目の白髪目立たない

分け目の白髪は、根元を立ち上がらせて少しふんわりさせると、目立ちづらくなります。

太さの違うロッドを使用してランダムなカールを重ねるネオソバージュは、根元からふんわり立ち上げることができます。固め過ぎないスタイリングによる自然な髪の動きもあり、伸びてきた白髪が目立ちにくくなります。

白髪の明るさをカムフラージュ

白髪がキラキラと目立ち、気になった経験はありませんか。

白髪は、50代や60代の方にも多い悩みの1つです。

ダメージをうけた髪はキューティクルがはがれ、髪の中の潤いが逃げてしまいます。乾燥して傷ついた白髪は、失われているメラニンのすき間に空気が入り、キラキラする上にその髪がピンとはねることでとても目につきます。

この「キラキラ白髪」の問題は、ネオソバージュならランダムにウエーブが重なることにより色抜け部分が悪目立ちせず、うまくカムフラージュしてくれます。

カラーリングの回数が減らせるメリットも魅力的です。

ふんわり感で薄毛を感じさせない

気になるつむじや分け目の薄毛…特に50代、60代の方に多い悩みです。

ネオソバージュならつむじや分け目の薄毛を手間をかけずに簡単に隠すことができます。

ペタンとしてしまいがちな髪も、根元からゆるめのパーマでふんわりとおこしているため、ボリュームを感じさせます。

無造作なウェーブの重なりがあるため毛先に変化がでます。やわらかな動きによるエアリー感も、薄毛を感じさせない理由のひとつです。

ショートヘアにもなじむネオソバージュ

ネオソバージュはショートヘアにも良く馴染みます。

若々しく見えるので50代、60代の方にも人気の髪型です。

以下では、ショートヘア+ネオソバージュのスタイル例をご紹介します。

ベリーショート+ネオソバージュ

(出典:LaurierPress この春の今っぽショート大放出♡【ar編集部からお贈りする 今週のオススメヘア4選】

長さの問題により無理だと思われがちなベリーショートとネオソバージュの組み合わせ。髪が短いことにより毛先にランダムな動きがでて、とてもキュートな印象になります。

50代、60代の方でとにかく過ごしやすいベリーショートを好む方は少なくありません。

ふんわりしたボリュームはストレートのベリーショートよりもやわらかな雰囲気をかもしだします。

マニッシュショート+ネオソバージュ

(出典:ホットペッパービューティー マッシュヘア × ショートパーマ 浅野美紀

ショートの中でも短めのマニッシュショート。ネオソバージュと組み合わせると、ふわっとした動きのあるウェーブでやわらかな仕上がりになります。

髪の短さによりボリューム調整がしやすく、変化が楽しめます。

癖っ毛風くるくるショート+ネオソバージュ

(出典:ホットペッパービューティー ネオソバージュってどんな髪型?特徴&レングス別カタログでチェック

くるくるとした大きめのカールでつくったショートのネオソバージュは、まるで人形のような印象をあたえます。少しウェットなスタイリングをすることで、大人の女性の落ち着いた雰囲気がでるのも魅力です。

外国人風無造作ショート+ネオソバージュ

(出典:Instagram @norimasasawa

ショートヘアにランダムなウェーブが加わることで、無造作なスタイルになります。

クシュっとさせるだけの自然なスタイリングで、おしゃれでこなれた感じにしあがり、ゆるいウェーブが、トーンダウンしたカラーリングの効果で外国人風の雰囲気をかもしだします。

顔回りレイヤーショート+ネオソバージュ

(出典:stylistdirectory石田ゆり子さん風くせ毛ボブ・神戸・三ノ宮・イメチェン

ショートボブとネオソバージュの組み合わせも、顔周りにレイヤーが入っていると少し違った雰囲気になります。ネオソバージュの特性ともいえる柔らかいスタイルはもちろん、タイト気味にスタイリングすることでかっこよさを追求することもできるため、日々のスタイリングが楽しみになります。

抜け感ショート+ネオソバージュ

(出典:ホットペッパービューティー【ROPE.】大人艶カーリーハンサムショート

前髪に少し長さを持たせたショートとネオソバージュを組み合わせると、抜け感のある仕上がりになります。顔回りのランダムな髪の動きは華やかさをだし、若々しさを感じさせます。

ナチュラルショートボブ+ネオソバージュ

(出典:ホットペッパービューティー ショートボブ×パーマ

ショートヘア+ネオソバージュの基本パターンといえるこのスタイルは、スタイリングが簡単で日常生活でも悪目立ちしない自然なネオソバージュです。

カールを丁寧におこしていくことでボリュームのある華やかなお出かけスタイルもできて、スタイリングによる変化は自由自在です。

清潔感のある印象を与えることができるので、50代、60代の方にもおすすめです。

前下がりボブ+ネオソバージュ

(出典:ホットペッパービューティー[Garland]☆大人かわいいウェーブレイヤー☆

すっきりとスマートな印象の前下がりボブ。ネオソバージュを組み合わせると、ふんわりとした華やかなスタイルになります。さらに顔回りのゆるいカールによりフェイスラインの丸みをかくしてくれます。首回りがスッキリすることで首が長く見えることもあり、小顔効果が期待できるスタイルです。

外ハネボブ+ネオソバージュ

(出典:MINE 【ローライトカラー】がおしゃれの秘密!気になる入れ方・ハイライトカラーとの違いをお届け

ボブの毛先を外にハネさせる外ハネボブは、ネオソバージュを加えると華やかさがさらにアップします。ストレートだと若い印象が強い外ハネボブですが、髪全体に動きをだすことで大人の女性にもピッタリのスタイルになります。

顎ラインのぱっつんボブ+ネオソバージュ

(出典:ホットペッパービューティー ネオソバージュってどんな髪型?特徴&レングス別カタログでチェック

顎ラインで切りっぱなしのぱっつんボブとネオソバージュの組み合わせは落ち着いた品のある仕上がりです。

ボリュームがだしやすく、髪の動きに変化が大きいことで、白髪や薄毛など大人の女性の悩みをしっかりとサポートしてくれます。

ネオソバージュが似合う人

ネオソバージュは一見、似合う似合わないが分かれそうな髪型ですが、実はどんな人でも挑戦しやすい髪型と言えます。

20代から50代、60代の方にも人気のある髪型です。

ソバージュよりもやわらかい印象のネオソバージュは、顔の形によってレイヤーの入れ方や巻き方を変えたり、アレンジできるため、顔の形や髪質を問わずふんわりとしたスタイリングが可能です。

ヘアカラーなどで髪が傷んでいる場合は、少し期間をあけてからネオソバージュにすることをおすすめします。

髪のダメージが気になる場合は、以下でご紹介する自分で作るネオソバージュも参考にしてみてください。

自分で作るネオソバージュ

ネオソバージュは自分で作ることも可能です。

既にパーマをかけている場合とパーマをかけていない場合、それぞれのスタイリング方法をご紹介します。

パーマをかけている人

すでにパーマをかけている人は、もとのパーマをはっきりさせることでネオソバージュのスタイルに近づきます。いつものスタイリングに以下のひと手間加えてみてください。

・髪全体を濡らした状態から、カールをつぶさないようにドライヤーで乾かす

細めのカールアイロンでパーマの形をなぞり、カールをくっきりとさせるように巻く

パーマなし

パーマをかけていなくてもネオソバージュ風のスタイルにすることができます。すこし手間と時間はかかりますが、コツをつかめば繰り返すだけですので、ぜひ挑戦してみてください。

ネオソバージュのパーマをかける前に、この方法で似合うかどうか試してみるのもよいかもしれません。

① ブローでいったん髪の流れを整え、まっすぐなストレートにしておく

② 頭頂部の毛をホットカーラーでふんわりと立たせるように巻く

③ 髪全体を細かくブロッキングし、一束だけを持つ

④ ストレートアイロンで根元の方を内巻きになるようにはさむ

⑤ カールがついた部分から下にずらし、次は外巻きになるようにはさむ

の内巻き → ⑤の外巻き を繰り返し、毛先までジグザクのクセをつける

⑦ ブロッキング済みのすべての束に対して同じクセをつけていく

顔まわりや前髪などの目につきやすい箇所はしっかりめに巻くと、よりネオソバージュ感がでます。

美容室でオーダーするときの注意点

ソバージュは1980年代にも流行った髪型でもあるため、ネオソバージュが昭和っぽくならないように、最大の特徴である軽い質感に仕上げることが大切です。

根元からしっかりパーマをかけるのはトップのみにすることがポイントですが、カットによるベースの毛量調整と、骨格に合わせたロッドの巻き方によってスタイルは大きく異なってきます。その違いはこの記事で紹介している写真を比較しても感じられ、ネオソバージュと言うだけでは美容室でのオーダーがむずかしく、注意が必要なことがわかります。

希望するスタイルをわかりやすく伝えるためには、美容師さんにイメージしている写真を見せるのが一番確実です。

ぜひ事前に希望するスタイルの写真を準備しておいてください。

今回ご紹介したネオソバージュの写真もご活用いただけると幸いです。

また、新たにパーマをかける場合、髪をカールさせる分もとの長さよりも短く仕上がることになります。カールの強さや髪の長さによって差はありますが、希望するスタイルが可能か計算しておくことも大切です。

薄毛が気になる場合はウィッグも

ここまでソバージュについて説明してきましたが、50代、60代の方の中には薄毛が気になりパーマを当てることに抵抗があると悩む方もおられるでしょう。
しかし、Classy wigであればオーダーメイドウィッグでお好みのヘアスタイルを再現することが出来ます。
価格も約20万円とオーダーメイドウィッグの中では、安くなっております。
試着とカウンセリングが無料で受けられるため、ぜひ一度お試しください。

50代60代のショートはネオソバージュがおすすめ

50代60代のショートヘアにもおすすめのネオソバージュをご紹介しました。

ネオソバージュなら長さやカットの仕上げによっても様々な雰囲気を味わえて、カラーやスタイリングによる変化も楽しめます。

特に50代60代の女性の悩みに多い薄毛や白髪なども自然に隠してくれるメリットも魅力的です。ネオソバージュのふんわり感であなたの髪の悩みを解消しましょう。今よりもっと若々しい自分に出会えるはずです。

classy wigでは、公式LINEで価格やオーダメイドウィッグの特徴から、ウィッグの付け方まで質問や相談を受け付けております。以下のリンクから友だち登録をいただき、お気軽にご相談ください。

LINEで相談する 無料カウンセリングの背景画像
監修者情報
美容師歴13年の高木綾です。 日々美容師としてお客様一人ひとりに合わせた ヘアスタイルのご提案をさせて頂いております。 大好きな美容やファッションの知識を取り入れながら、 お客様に寄り添い今以上にオシャレで1番輝ける姿を 引き出すお手伝いをさせて頂いております。
無料カウンセリングの背景画像
無料カウンセリングボタン
無料カウンセリングボタン