生え際の白髪は部分染めがオススメ?おすすめの染め方や隠し方を紹介

生え際の白髪は部分染めがオススメ?おすすめの染め方や隠し方を紹介

髪を染めても直ぐに伸びてきてしまう顔周りや分け目の白髪にお悩みではありませんか?髪が伸びるスピードは1日約0.3mmと言われており、根元までしっかり染めたとしても10日経てば3mm、20日経てば6mm伸びてしまい、1ヶ月前後で生え際の白髪は目立ってきてしまうでしょう。

特に真っ白な白髪は目立ちやすく、鏡を見る度に憂鬱な気持ちになってしまう方も少なくありません。

この記事では、以下のお悩みをお持ちの方におすすめの内容をご紹介します。

生え際の白髪がすぐに伸びてきて悩んでいる

・次に美容院に行くまでの間、生え際の白髪を何とかしたい

生え際の白髪を隠すために頻繁にカラーをすることに抵抗がある

生え際の部分染めをしようか悩んでいる人に向けて、部分染めにおすすめの薬剤や染め方、部分染め以外で生え際の白髪を目立たなくする方法なども紹介しています。生え際の白髪にお悩みの方はぜひ参考にしてみてください。

白髪染めの種類と特徴

白髪染めをする際に用いる薬剤には、ヘアカラー、ヘアマニキュア、ヘアマスカラの3種類があります。はじめに、それぞれの違いや特徴を紹介していきます。

ヘアカラー剤(アルカリ性染料)

ヘアカラー剤は、アルカリ性の染毛剤と過酸化水素水を混ぜ合わせた薬液で髪を染めます。

脱色作用があるため髪の明度を上げることができ、黒髪、白髪問わず染められます。また、一度染めた髪は徐々に色落ちしてしまうものの、元の黒髪に戻ることはありません。

白髪をしっかり染められるものの、アルカリ剤の影響で髪のダメージを受けやすいです。また、アルカリ性染料に配合されているジアミンによってアレルギーを起こす可能性があります。

ヘアマニキュア(酸性染料)

ヘアマニキュアは、酸性染料を用いて髪を染めます。

脱色作用はないため、黒い髪を明るくすることはできません。白髪染めの場合、白髪はしっかりと染めるものの、黒髪はほのかに色味がつく程度に仕上がります。

酸性染料を用いているため髪にダメージを受けにくく、ジアミンを含まないためアレルギーの心配がないことがメリットとして挙げられます。一方で、肌に薬剤がついてしまうと皮膚が染まってしまうため、生え際ギリギリからしか染められないというデメリットもあります。

ヘアマスカラ(一時着色料)

ヘアマスカラは、顔料を用いて一時的に白髪を着色するヘアケアアイテムです。メイク感覚で手軽に白髪を隠すことができ、シャンプーで洗い流すことができます。髪のダメージやアレルギーの心配も不要です。

一方、汗によって顔料が流れ落ちてしまったり、帽子などに着色料がついてしまうことがあります。また、自分で塗布する場合は鏡に映る部分の生え際しかカバーすることができません。広い範囲を着色するには向いていないため、生え際の白髪が伸びすぎていると綺麗に塗れないといったデメリットもあるでしょう。

生え際の白髪を部分染めする時はどのような染料を選ぶべき?

白髪を染めるにはさまざまな方法があるため、どの方法で部分染めをすれば良いのか迷ってしまう人もいるでしょう。続いては、生え際の白髪を部分染めする際に使う染料の選び方を紹介します。

【部分染めをするなら】ヘアカラー・ヘアマニキュア

生え際から2~3cmほど白髪が伸びており、普段から8トーン以下の白髪染めをしている場合、ヘアカラーで部分染めをするのがおすすめです。新しく伸びた髪が3cmを超える場合、自分でしっかり部分染めをするのは難しくなるため、美容室を利用するなどプロの手を借りた方が良いでしょう。

普段からヘアマニキュアを使用して白髪を染めている人は、自分で生え際の白髪を部分染めする際にもヘアマニキュアを使用する必要があります。普段はヘアマニキュアを使用している人がヘアカラーで部分染めしてしまうと、次回以降のカラーで色ムラなどの原因になってしまう可能性があるため注意してください。

【その日だけ白髪を隠したいなら】ヘアマスカラ

お出かけの際や大切なイベントの日など、その日だけ白髪を隠したい場合にはヘアマスカラを利用するのがおすすめです。根元から1cm程度をヘアマスカラで着色すれば、白髪を隠して綺麗な生え際や分け目をキープできます。

一方、2cm以上生え際の白髪が伸びている場合には、ヘアマスカラでは綺麗に着色できないことがあります。不自然にボリュームがなくなったりしてしまうこともあるため、2cm以上白髪が伸びている場合はヘアカラーなどで部分染めをする方がよいでしょう。

生え際の白髪を部分染めする時の頻度は?

ヘアカラーによる部分染めは、頻繁に行うとダメージの原因になります。特に、生え際の髪は細いため、ダメージが蓄積してしまうと収まりが悪くなったり切れてしまう可能性もあるでしょう。

自宅で部分染めをする際は1ヶ月半から2ヶ月に1度を目安に間隔を空けるのがおすすめです。

一方、ヘアマニキュアの場合は髪ダメージを心配する必要がないため、3週間から1ヶ月に1度の頻度を目安にしてください。

市販のカラー剤で生え際の白髪を部分染めする時はクリームタイプがおすすめ

市販のカラー剤で生え際の白髪を部分染めする場合、ドラッグストアなどで購入する人が多いのではないでしょうか。市販品にはクリームタイプや泡タイプなどさまざまなヘアカラー剤があります。

市販品で生え際の白髪を部分染めする場合には、クリームタイプのヘアカラー剤を選ぶのがおすすめです。泡タイプのヘアカラー剤を使うと、生え際の白髪以外の部分にもカラー剤が付着してしまうため、ダメージや色ムラの原因になることがあります。

生え際の白髪を部分染めする時の染め方

生え際の白髪を部分染めする際の、自分に合った薬剤の選び方を理解できたでしょうか。続いては、ヘアカラー、マニキュア、ヘアマスカラの薬剤別に色の選び方や染め方のポイントを紹介します。

ヘアカラーの選び方と染め方のポイント

ヘアカラーで生え際の白髪を部分染めする場合には、今の髪色よりも1~2トーン暗い色の薬剤を選びましょう。

顔周りは生え際から2~3cmまでの根元部分に薬剤を塗布していきます。分け目も左右2~3cmまでの部分の根元に薬剤を塗布していきましょう。

白髪は染まりにくいため、薬剤はたっぷりと塗布して下さい。塗布後は、ラップなどで生え際や分け目を押さえて髪が薬剤から浮いてしまわないようにすると、綺麗に白髪が染まりやすいです。

ヘアマニキュアの選び方と染め方のポイント

ヘアマニキュアで生え際の白髪を部分染めする場合には、地毛の髪色に近い色を選ぶのがおすすめです。

ヘアマニキュアをする前に、シャンプーをして髪の汚れはしっかり落としておきましょう。この際、コンディショナーやトリートメントはしないよう注意してください。

シャンプーした髪をタオルドライし、生え際から2~3cmの根元部分に、ヘアマニキュアを塗布していきます。ヘアマニキュアは肌に付着してしまうと染まってしまうため、誤って肌や頭皮に付着した場合はすぐに拭き取ってください。

生え際と分け目に塗布したら、ふんわりとラップをかけてドライヤーなどで加温し、5分程冷ましてから洗い流すと綺麗に染まりやすいです。

ヘアマスカラの選び方と染め方のポイント

ヘアマスカラで生え際の白髪を部分染めする場合には、既に染まっている髪色よりも少し暗い色を選びましょう。既に染まっている色よりも少しだけ暗めのものを選ぶと、顔周りが引き締まって見えます。

ヘアマスカラを塗る時には、必ず髪が完全に乾いていることを確認してください。濡れていると顔料が水分を含んで垂れてしまったり、乾きにくくなったりしてしまいます。

生え際や分け目付近を付属のブラシで撫でるように着色していきます。しっかり乾いた後に目の粗いコームで梳くとより自然に仕上がるでしょう。

生え際の白髪を部分染めする時のおすすめ市販ヘアカラー3選

ドラッグストアにはさまざまなメーカーのヘアカラー剤やヘアマニキュア、ヘアマスカラが販売されています。続いては、多種多様なヘアカラー剤のなかでも、特におすすめの3アイテムを紹介していきます。

【ヘアカラー】シエロ ヘアカラークリーム(hoyu)

ヘアカラーなら、シエロ ヘアカラークリームがおすすめです。美容室専売品のヘアカラー剤なども生産しているhoyuのカラー剤なので、染まりや髪へのダメージに配慮した良質なヘアカラー剤として人気を集めています。ワンプッシュで薬剤が出てくるため、混ぜる手間を省いて手軽に部分染めができるアイテムです。

【ヘアマニキュア】ヘアニキュア・スピーディ(サロン・ド・プロ)

ヘアマニキュアなら、サロン・ド・プロのヘアマニキュア・スピーディがおすすめです。カラーバリエーションは4色、椿オイル配合で髪に潤いを与えながら白髪を部分染めできます。

【ヘアマスカラ】ヘアマスカラ(ブローネ)

ヘアマスカラなら、ブローネのヘアマスカラを使ってみてはいかがでしょうか。速乾性が高く、スピーディーに生え際の白髪を隠すことができます。専用ブラシは根元にスポンジがついているため、肌に顔料が付きにくく、初めてヘアマスカラを使う人にもおすすめです。

【部分染め以外の方法も】生え際の白髪を目立たなくするテクニック

生え際の白髪を隠したいけれど、アレルギーやダメージの問題で部分染めを避けたい人もいるでしょう。また、白髪の割合が多く頻繁にヘアマスカラなどで着色するのも億劫だという人も少なくありません。

そんな人には、部分染め以外の方法で生え際の白髪を目立たなくする方法がおすすめです。

根元をふんわりスタイリングする

髪にボリュームがなく、頭皮に貼りついてしまっていると、生え際の白髪が目立ちやすくなってしまいます。一方、根元にボリュームを持たせてふんわりスタイリングすると、生え際や根元部分には影が差すため、白髪が目立たなくなります。

マジックカラーやホットカーラーなどを使って、根元を立ち上げるスタイリングをしてみましょう。

分け目をジグザグにする

スタイリングが苦手で根元をふんわりさせられない人は、分け目をジグザグにとる方法がおすすめです。分け目をジグザグにとることで、根元が自然と立ち上がり、分け目の生え際から見える白髪が目立ちにくくなります。

ウィッグで隠す

白髪の割合が多く、カラーをしてもすぐに白髪が目立ってしまう人の場合、ウィッグで隠す方法もおすすめです。ポイントウィッグなどを使えば、手軽に分け目の白髪を隠すことができ、カラーの間隔を空けることができるでしょう。白髪の割合が多く、頻繁に部分染めやリタッチカラー・ヘアカラーをしてしまい、髪が傷んでしまうという悩みを持っている人におすすめです。

生え際の白髪もフォローできるcrassywigとは

classy wigは、ネットで購入できるオーダーメードウィッグです。国産パーツを使い、手作業で作り上げるclassy wigは、自然な見た目と心地よい付け心地を両立する最高品質のウィッグと言えます。

採寸や試着も全て自宅でできるため、「美容室などでウィッグを注文するのは恥ずかしい」という方にもおすすめです。

自然に装着できるclassy wigを使えば、頻繁な部分染めが不要となり、カラーの間隔をあけられることで、ダメージの軽減やカラーにかかる費用の削減にも繋がります。

電話やメール、LINEなどによるアフターサービスも充実しているclassy wigで、生え際の白髪を気にせず毎日を美しいヘアスタイルで過ごしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回は、生え際の白髪を部分染めする方法について紹介してきました。今回紹介した方法を参考に、ヘアカラーやヘアマニキュア、ヘアマスカラを上手に使い分けて生え際の白髪が目立たないよう部分染めをしてみてください。

生え際の白髪を目立たなくしようとする時、染める方法を思い浮かべる人が多いですが、今回は部分染めをせずに白髪を目立たなくする方法も紹介しています。

髪のダメージが気になる人や白髪の割合が多く目立ちやすい人は、スタイリングやウィッグなどの方法で生え際をカバーする方法がおすすめです。

自宅から注文可能で良質なオーダーメイドウィッグが製作できるclassy wigなら、違和感なく自然体で美しいヘアスタイルを再現できます。生え際の白髪が目立ってしまうことを悩んでいる方は、ぜひclassy wigをチェックしてみてください。

classy wigでは、公式LINEで価格やオーダメイドウィッグの特徴から、ウィッグの付け方まで質問や相談を受け付けております。以下のリンクから友だち登録をいただき、お気軽にご相談ください。

LINEで相談する 無料カウンセリングの背景画像
無料カウンセリングの背景画像
無料カウンセリングボタン
無料カウンセリングボタン