くせ毛でウィッグにしたい方必見!3つのメリットと注意点を解説

くせ毛でウィッグにしたい方必見!3つのメリットと注意点を解説

はじめに

くせ毛は扱いの難しさやまとまりの悪さを感じることから、髪にまつわる大きな悩みのひとつです。髪質と同様、くせもにも個人差はありますが、思い通りにならない場合が多く、簡単な方法でカバーしたいと考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、

  • くせ毛を気にしなくていいようにウィッグに朝鮮したい
  • ウィッグで過ごすのが自分に向いているか知りたい

といった方に向けて、くせ毛の悩みを解消する方法を解説します。

また、くせ毛をカバーするのにおすすめのウィッグも紹介していますので、ぜひ本記事の内容を参考に自分に合ったウィッグを選んでみてください。

くせ毛への5つの対処法

髪の毛のくせは一人ひとり異なっているため、生活環境や理想のスタイルも踏まえながらそれぞれにあった対処をするのが基本です。ここでは、くせ毛への対処法を5つ紹介します。対処法は以下の通りです。

  • 縮毛矯正をする
  • 髪型を変える
  • スタイリングを変える
  • 施術を変える
  • ウィッグにする

メリットやデメリットも解説しているので、どれが自分に適しているのか確認してください。

縮毛矯正をする

縮毛矯正は、くせを伸ばすのにもっとも効果的な方法だと言えます。薬剤を反応させ、髪の毛の内部の構造を組み替えて熱で固定することによって、くせが伸びるという仕組みです。

個人差はありますが、一度縮毛矯正をかけると基本的にくせは戻りません。ただし、新しく生えた部分にかけ続ける必要があるため、年に数回施術を受けるのが前提です。さらさらのストレートヘアを目指すには縮毛矯正が有効ですが、変化が大きい分、髪へのダメージも強いのがデメリットです。

また、縮毛矯正は長時間の施術になりがちです。おおよそ3時間程度かかり、料金も比較的高額になります。

髪型を変える

くせを活かした髪型に変えるのも、対処法の一つです。自分のくせにあわせた長さや髪型にすると、スタイリングも楽になりやすいでしょう。段差をつけてさらにくせを動かし、パーマのように見せるといったスタイルが一般的なくせの活かし方です。他にも、実際にパーマをかけたり、いっそのことかなり短くしたり、くせを活かした蟹型は様々あります。

ただし、自分のくせにあったスタイルが好みかどうかや、くせを見極めて扱いやすい髪型にできる美容師を見つけられるかといった点は悩む方も多いポイントです。

スタイリングを変える

スタイリングに力をいれて、くせ毛をコントロールする方法もあります。スタイリングの方法を変えると、くせが気になりづらかったり理想のスタイルに近づいたりする可能性もあります。

くせ毛の方におすすめなのは、以下のようなスタイリングです。

  • ドライヤーでブローする
  • ストレートアイロンで伸ばす
  • スタイリング剤で質感やボリュームを調整する
  • 編み込みやまとめ髪などのヘアアレンジをする

髪は、乾く時や熱が冷める時の形状が記憶されるため、ドライヤーでのブローはくせ毛を伸ばすための基礎といえます。さらにブラシを使うと、より伸ばしやすくなりますが、難易度も上がるため、繰り返し挑戦してコツを掴む必要があります。

また、ストレートアイロンを使うのもくせを伸ばすのには、大変効果的です。髪を高温のプレートではさんで伸ばすストレートアイロンは、簡単かつ短時間で変化が分かりやすいでしょう。しかし、温度や使用時間、頻度によっては熱によるダメージが大きくなるので、使用には注意が必要です。

スタイリング剤やヘアアレンジは、長さと髪質によって最適な方法も異なるため、様々なパターンを試したり、美容師に相談したりするのがおすすめです。

施術を変える

美容室での施術に悩みがある場合は、他のメニューを試す方法もあります。くせ毛が扱いやすくなる施術として挙げられるのは、前述の縮毛矯正に加えて髪質改善メニューやトリートメントなどです。髪質改善メニューやトリートメントは、乾燥が原因のくせ毛や縮毛矯正のダメージが気になる場合に特に効果を感じられます。内容は美容室によって大きく異なるため、縮毛矯正との違いやメリット、デメリットなどはあらかじめ確認するのがおすすめです。

ただし、縮毛矯正以外の施術は直接くせを伸ばす効果がほとんどないので、強いくせ毛の方はメニューの組み合わせや髪型を変えるといった対処も必要になるかもしれません。

ウィッグにする

上記の方法を試してもくせをカバーできないほど扱いづらいくせ毛に関しては、ウィッグを活用するのがおすすめです。くせをウィッグで覆ってしまうことによって、自由な髪型やスタイリングが可能になります。ウィッグを着用するのに慣れると、くせ毛をうまくコントロールするよりも楽に短時間で満足のいく髪型をつくれます。また、髪の毛自体に負担がかからないので、ダメージを気にしなくて良いのもメリットです。

くせ毛をウィッグでカバーする3つのメリット

くせ毛をウィッグでカバーするのには、さまざまな面でメリットがあります。特にくせが強く活かすのも難しい方や、定期的な縮毛矯正のダメージやコストが気になる方におすすめです。

ここからは、くせ毛の方がウィッグにするメリットを3つ解説していきます。くせ毛の方がウィッグにするメリットは以下の通りです。

  • ダメージが気になりにくい
  • スタイルが崩れにくい
  • カラーが気になりにくい

ダメージが気になりにくい

ウィッグは頭全体を覆うため、ダメージによるパサつきや広がりをカバーできます。くせをしっかりと伸ばせる縮毛矯正やストレートアイロンなどは、手軽にストレートヘアにできますが、ダメージが大きくなってしまうのがデメリットです。髪はダメージを受けるとツヤがなくなり、乾燥でさらに広がってしまうこともあります。そのため、もともとツヤの出にくいくせ毛にはダメージへの対策が必須です。

ウィッグは、すでにツヤのあるきれいな髪の状態になっているので、被るだけで髪の毛を炒めることなく、手軽にツヤのあるきれいな髪を手に入れることができます。また、くせや髪の毛の傷みをカバーするだけでなく、髪の毛に負担をかけずに挑戦できることもウィッグの大きなメリットといえます。

スタイルが崩れにくい

ウィッグは楽にスタイリングできるだけでなく、完成したスタイルも大きく崩れにくいのがメリットです。スタイリングがうまくできても、時間が経つと徐々に崩れてしまうといった方も多いのではないでしょうか。特に湿気や汗による影響は大きく、短時間でも広がりやうねりが出やすくなります。ドライヤーでのブローやストレートアイロンでくせを伸ばしていても、湿気や汗が影響すると戻ってしまう可能性がありますが、ウィッグはそういった外部からの影響を受けることは少ないです。毛質にもよりますが、ウィッグはスタイルをキープしやすいのが魅力でしょう。

カラーが気になりにくい

ウィッグであれば、カラーの褪色や新しく生えた根元との色の差が気になりにくいのも、大きなメリットです。カラーをしている髪は褪色すると色みが変わるだけでなく、特有のギラつきやパサつきを感じてしまいます。

さらに、ダメージを受けていると褪色が早くなりやすいため、定期的に美容院でカラーをしてもらう必要があります。また、カラー後は日が経つと根元の地毛との色の違いも気になってくるものです。ウィッグは根元から毛先までカバーできるので、髪の褪色や根元との色の違いを気にする必要はありません。カラーを維持する必要が無くなるので、自然と美容院へ通う頻度も少なくなります。そのため、カラーも維持できることに加え、節約にも繋がるのがウィッグの魅力だと言えるでしょう。

くせ毛でウィッグにしたい場合の注意点

くせ毛の扱いに悩んでいる方がウィッグにするのは、日頃のスタイリングの楽さやダメージやコストを抑えるのに大変効果的です。しかし、ウィッグにもさまざまな種類があることも含め、いくつか注意すべきポイントはあります。ウィッグを活用する際に気をつけたい4つの注意点は以下の通りです。

  • ケアをする
  • 人工毛を選ぶ
  • 着け心地を重視する
  • フルオーダーにする

ケアをする

ウィッグも髪の毛同様、ケアが重要です。ケアのしかたによって見た目は、かなり違いがでるでしょう。日頃から適切なケアをして絡まりを防いだり、ツヤをキープしたりすることが大切です。

ウィッグをきれいに保つために取り入れたい主なケアは、以下の通りです。

  • まめなブラッシング
  • 適度なシャンプーとトリートメント
  • 定期的な保護スプレー
  • 高温多湿や直射日光を避けた保管

ウィッグの使用前後には、ブラッシングをして髪を整えるのがおすすめです。絡まりは放置すると、さらに悪化してしまいます。すでに絡まっている場合は、毛先から少しずつブラシをいれるようにしましょう。月数回に加えて汚れた時やスタイリング剤が多くついた時には、シャンプーをするのも重要です。ボウルにぬるま湯をはり、シャンプー剤をいれて押し洗いするのが一般的な方法となっています。シャンプーのあとはトリートメントで毛の表面をコーティングすると、指通りやツヤのキープが可能です。

さらに、保護スプレーもコーティング効果があり、定期的に使用すると絡まりを防げます。

また、ウィッグを保管する場合は、ダメージや変色、雑菌の繁殖を防ぐために通気性が良く、日光が当たらない場所を選んでください。

人工毛を選ぶ

スタイルが崩れにくさや手入れのしやすさから、人工毛のウィッグを選ぶのがおすすめです。ウィッグの毛材には人毛と人工毛、2つをあわせたミックス毛の3種類があります。

人毛は自然な仕上がりが魅力ですが、湿気の影響も受けやすいため、くせが気になる場合があります。しかし、化学繊維を人間の髪の毛に似せた人工毛は、形状がキープされやすいので、スタイリングの手間もかからないのがメリットです。

ただし、なかには不自然さを感じる場合もあるため、ウィッグ選びには注意してください。

着け心地を重視する

ウィッグを比較する際は、着け心地も確認しておきましょう。特に長時間着用する際は、見た目の馴染み具合だけでなく、サイズや通気性の良さも重要なポイントです。サイズが合わないとフィットしなかったり、通気性が悪いと蒸れやすくなったりといったトラブルが考えられます。

事前に試着して、細かく確認しておきましょう。

フルオーダーにする

くせ毛の方におすすめなのは、フルオーダーのウィッグです。既製品のウィッグはぴったりのサイズを見つけるのが難しいうえ、髪色や長さなどもイメージ通りにするには限界があります。一方、フルオーダーだと、一人ひとりの頭の形や悩み、要望から自分だけのウィッグを作ることが可能です。日常的な使用をする方や理想のヘアスタイルがある方には、フルオーダーウィッグが最適だと言えます。

くせ毛をカバーしたい方におすすめのウィッグ

くせ毛をカバーしながら快適に過ごしやすいウィッグ選びには、前述の通りいくつかの条件があります。ここでは、くせ毛をカバーしたい方におすすめの「classy wig」について紹介します。

classy wigとは?

classy wigは、自宅にいながらフルオーダーでつくれる高品質なウィッグです。細かなカウンセリングで理想のスタイルを実現し、ウィッグ専門のスタイリストによるカットによって、一人ひとりに似合うウィッグをオーダーすることができます。

また、アフターフォローも手厚く、購入後1ヵ月は何度でもスタイルの変更や調整が可能です。 さらに、2年間は定期点検やスタイル変更などのサポートも最大4回まで無料となっています。

高価になりやすいフルオーダーウィッグですが、classy wigは店舗を持たないことやCM広告でのコストを省くことによって、低価格を実現しています。また、低価格ながら総手植えや国産パーツの使用など大手企業と同等の最高品質を実現しているのもclassy wigの大きな魅力です。

くせ毛の方にclassy wigがおすすめな理由

高い品質と便利なサービスのclassy wigですが、特にくせ毛の方におすすめな理由は以下の通りです。

  • 店舗に行かずに購入できる
  • 人工毛を使用している
  • 着け心地が良く、快適に過ごせる

classy wigでは、申し込みから試着、カウンセリング、注文まですべてオンラインで完結します。アフターサポートもオンラインで受けられるので、店舗に行くのに気が引ける方でも安心です。

classy wigのウィッグは、人工毛を使用しているので、180度耐熱でドライヤーとアイロンが使用できるのも、ケアやスタイリングがしやすく嬉しいポイントです。自然な仕上がりが難しい人工毛のウィッグですが、classy wigでは職人が1本ずつ手植えしているため、ナチュラルな立ち上がりや生え際を実現しています。さらに、特許技術を使用した安定感のあるピンや機能性が高く着け心地も良いベースによって、長時間でも快適に過ごせます。

classy wigはくせをカバーしつつ、楽に理想のスタイルで過ごしたい方におすすめのウィッグです。

まとめ

くせ毛はコントロールが難しく、理想のスタイルにならないことがあります。コンプレックスに感じるだけでなく、スタイリングに長時間かかったり、くせを伸ばすためダメージを与えてしまったりするのは、悩みのタネになります。ウィッグを着用することで、くせが気にならないだけでなく、ダメージやスタイルの崩れ、カラーも気になりにくくなるため、くせ毛で悩んでいる方には、おすすめの対処法です。

しかしウィッグを選ぶ際は、ケアのしやすさや人工毛かどうか、着け心地が良いか、フィットするかなどを重視する必要があります。

classy wigはウィッグ選びに重要な条件も満たしながら、低価格で高品質なウィッグをフルオーダーできるのが魅力です。店舗に行かなくても、オンラインで自分にあった自然なウィッグをつくれるうえ、アフターフォローで1ヵ月以内は何度でも調整してくれます。無料試着やカウンセリングもありますので、気になる方は気軽に申し込んでみましょう。

ぜひ自分にあったウィッグを見つけて、快適なウィッグライフを過ごしてください。

classy wigでは、公式LINEで価格やオーダメイドウィッグの特徴から、ウィッグの付け方まで質問や相談を受け付けております。以下のリンクから友だち登録をいただき、お気軽にご相談ください。

LINEで相談する 無料カウンセリングの背景画像
無料カウンセリングの背景画像
無料カウンセリングボタン
無料カウンセリングボタン