【部分ウィッグ】頭頂部の悩みをカバー!つむじや分け目が自然に見えるウィッグ選びのポイントをご紹介!

【部分ウィッグ】頭頂部の悩みをカバー!つむじや分け目が自然に見えるウィッグ選びのポイントをご紹介!

白髪や薄毛といった頭頂部の悩みを解消してくれる部分ウィッグ。

部分ウィッグは、いかに「つむじ」と「分け目」が自然に仕上がっているかで見た目が決まります。

しかし、「どういうところを重視したらいいの?」「本当に自然に見えるの?」という方が多いのではないでしょうか。

そこで今回は、つむじや分け目が自然に見えてバレにくい、部分ウィッグの選び方のポイントをくわしくご紹介します。

部分ウィッグの購入のタイミング

頭頂部の悩みを持ち始めたからといって、いざウィッグを購入するとなると、少し躊躇してしまうものです。「まだ、私には早いかも?」と思う方もいらっしゃるでしょう。

調べてみると、ウィッグを購入する理由は以下が大半を占めていました。

  • トップのボリュームがなくなり、髪型が決まらない
  • 白髪が増えて定期的に染めているけど、すぐ根元が白くなってしまう
  • トップのボリュームを上げておしゃれを楽しみたい
  • 白髪染めが面倒
  • 病気治療中の間、薄くなった部分をカバーしたい

もし今、この内容に当てはまることがあるとしたら、購入のタイミングかもしれません。

部分ウィッグは、髪型を大きく変化させることなく簡単に着用でき、何よりコスト面からも、初心者の方にはたいへん使いやすい商品になっています。

こういった悩みがウィッグによって解消されるようでしたら、心理的にも開放され、きっと行動範囲の幅が広がるでしょう。

購入のタイミングは自分次第です。もし迷いがあるなら、自分に合った商品がないか探してみるだけでも、いい出会いがあるかもしれません。

部分ウィッグの種類

部分ウィッグには、いろんな部位をカバーする商品がたくさんあります。

ここでは、代表的な4つの部分ウィッグをご紹介します。

種類特徴おすすめポイント
つむじ用主に頭頂部のつむじ部分をカバーするウィッグで、ウィッグのつむじが地肌に近い色になっているトップのボリュームをアップさせたい方や広範囲をカバーしたい方におすすめ
分け目用主に分け目や生え際部分の白髪や薄毛をカバーするウィッグで、ウィッグの分け目が地肌に近い色になっている分け目が事前に決められた状態で販売されていますので、自分に合った分け目のウィッグ探しが必要
トップ用前髪みからつむじまでの頭頂部をカバーするウィッグで、髪全体に広がる白髪やトップの薄毛を広範囲にカバーカバーする範囲が広いため、髪全体のボリュームアップが期待でき、さらにグレイヘアへの移行時期にも活用可能
ハーフウィッグ頭頂部から後頭部にかけてカバーするウィッグで、前髪の地毛を活かしたアレンジができるウィッグおしゃれを楽しみたい方はもちろん、髪全体のボリュームがなくなってしまった方や後頭部の毛割れが気になる方などに多く活用されている

頭頂部を自然にカバーする4つのポイント

頭頂部の白髪や薄毛の悩みは、部分ウィッグで簡単に解消できます。

見た目が自然で、かつ、頭頂部をしっかりカバーするウィッグに出会うため、ぜひおさえておきたいポイントを4つご紹介します。

〇ウィッグの素材

ウィッグの素材には、人毛と人工毛(ファイバー)の2種類があります。

種類メリットデメリット
人毛より自然にカバーしたいのであれば、手触りや質感が地毛に近い人毛がおすすめ
人毛は、地毛に馴染みやすく、ドライヤーやパーマ、カラーリングも可能
メーカーによっては、ウィッグを使用する年代に適した人毛を選択することも可能
人工毛よりも値段が高く、洗うたびにドライヤーで乾かしたりスタイリングしたりとお手入れに手間がかかる
人工毛値段が安く、お手入れも簡単・形状記憶素材が多く、スタイリングも最小限で済むファイバー特有のテカリがあり、静電気も発生しやすく、人毛に比べ耐久性が劣る・熱に弱いため、ドライヤーやヘアアイロンができない

人毛にも人工毛にもメリット・デメリットがあります。見た目を重視するのであれば、人毛をおすすめしますが、人工毛を選ぶのであれば、ツヤ感が地毛に近く、耐熱性に優れた高品質の人工毛を選びましょう。

〇地毛との相性(髪質・色)

部分ウィッグは、地毛を活かして使用するウィッグです。よって、地毛とウィッグの髪質や色に差が生じると不自然さが目立ってしまいます。人の髪質は、年々細くなり痩せていきます。ウィッグの毛質と地毛の毛質が合っているか見極めることが自然に見せるためのコツです。

また、地毛の色についても自分に合った髪色なのか確認しましょう。人の髪色は単色ではありません。人毛ウィッグであれば、自分に合った色合いが探しやすいのですが、人工毛ウィッグの場合は単色で販売されていることが多いためなかなか自分に合った色が見つかりにくいといわれています。しかし、最近の人工毛ウィッグは、何色かのファイバーをブレンドして仕上げたウィッグがあります。単色よりこういった商品を選んだほうが、より自然に見えるためおすすめです。

〇人工皮膚

頭頂部は、つむじや分け目があるため、地肌が見える部分です。

ほとんどの部分ウィッグには、人工皮膚を使用し、髪の毛を植毛する製法を採用していますが、なかには、人工皮膚を使用せず、つむじや分け目のない商品も販売されています。

種類見た目・ポイント通気性
人工皮膚あり本物のように皮膚から髪の毛が生えているように見える・生え際が自然に見え、周りからウィッグを着用していると気づかれにくい
メーカーによっては、肌色の布やレース素材を「人工皮膚」と表現している場合があるため要注意
×
人工皮膚なし通気性が良く、軽いため、長時間使用できる・自分のつむじや分け目部分を活かし、ボリュームアップする目的のウィッグにはおすすめ
本来、地肌が見えるつむじや分け目部分のウィッグでは見た目が不自然

頭頂部につむじや分け目がないと、どうしても違和感が出てしまいます。頭頂部を自然にカバーするためには、地肌に近い人工皮膚を使用したつむじや分け目のあるタイプのウィッグを選びましょう。

〇ウィッグの製造方法

ウィッグの製造方法には、ハンドメイド(手植え)マシンメイド(機械植え)の2種類があります。

製造方法特徴
ハンドメイド職人が髪の毛を1本1本手作業で植える方法です。本物のように、髪の毛を不規則に植えることで自然な生え際を再現します
マシンメイド機械で髪の毛を植える方法です。規則的な生え方で見た目が不自然に見えることもあります。また、縫い目がチクチクするため、地肌が敏感な方には刺激が強く感じられる場合があります

地肌が見えるタイプのウィッグは、どんなに素材や人工皮膚がリアルな質感であっても、髪の毛の生え方次第では不自然に見えてしまいます。ハンドメイドは、マシンメイドより出来上がるまで手間ひまを要するため、値段が高くなってしまいますが、見た目の自然さを求めるのであれば、ハンドメイドのウィッグを選ぶことをおすすめします。

つむじが自然に見える部分ウィッグの選び方

頭頂部をカバーするウィッグの1つ、つむじ用ウィッグ。つむじ部分が自然だとウィッグがより自然に見えます。選ぶ際は、以下の2つポイントをおさえておきましょう。

〇髪の毛の立ち上がり

本来、つむじ部分の髪の毛は、いろんな方向を向きふんわりと立ち上がっています。このリアル感が再現できているかが重要なポイントです。ぺったりしたつむじ部分は、全体の髪型も決まらず、不自然に見えてしまいます。つむじ部分のウィッグは、髪の毛の生え方が不規則に植毛されている方がナチュラル感が出ておすすめです。

〇結び目が目立たない

人工皮膚に髪の毛を植毛する方法によって、髪の結び目が黒くブツブツと見えるウィッグがあります。つむじ部分は、地肌が見える場所です。自然なつむじを求める場合は、植毛部分の結び目が目立ちにくいウィッグを選びましょう。

分け目が自然に見える部分ウィッグの選び方

頭頂部をカバーするウィッグの一つ、分け目用ウィッグは、カバーしたい部分によってタイプが3つに分かれます。自分に合ったウィッグはどのタイプなのか選ぶ際に確認しましょう。

〇「I型」

髪の毛が長めの方は、自然と分け目が出てきます。その分け目のラインがローマ字の「I」に似ていることから「I型として分類されています。髪の毛が長めで、生え際の白髪や薄毛が気になる方におすすめです。

〇「O型」

髪型がショートの方におすすめなのが、「O型」です。分け目用というより、つむじ用に11近いウィッグですが、つむじ部分から自然に髪の流れを再現してくれるタイプのウィッグになります。

〇「ワイド型」

「I型」は分け目が決まっていますが、分け目を日によって変えたいという方には「O型」がおすすめです。分け目部分の人工皮膚が「I型」より範囲が広く設計されているため、分け目の位置にこだわりがある方には「ワイド型」を選びましょう。

部分ウィッグの人気メーカー5選

ここからは、数あるウィッグメーカーのなかでも、部分ウィッグの評価が高い人気メーカー5社を厳選してご紹介します。ご検討中の方は、ぜひ参考にされてください。

〇私元気

引用元:私元気公式サイト

「私元気」の最大の特徴は、価格の安さです。

実店舗を持たないネット販売のみの「私元気」は、人件費や広告宣伝費などの費用をグッと抑え、自然さにこだわった高品質素材を提供し続けています。製法も熟練の職人がしっかりと管理、チェックしており、その仕上がりは丁寧で柔らかくしなやかだとたいへん好評です。「私元気」は自社で開発した製法をウィッグに多く採用しています。毛色は、独自の染め方で洗っても色落ちしにくく、通気性や軽さにこだわった特殊な編み方など、ウィッグの専門店だからこそできる技術を隅々まで使って仕上げています。「私元気」は、部分ウィッグだけでなく、ウィッグの全種類の評価が非常に高い企業です。

〇マリブウィッグ

引用元:マリブウィッグ公式サイト

全国店舗数ナンバーワンを誇るマリブウィッグ。商品選びからアフターケアまで、高品質な素材と対応の良さから、CMなどで集客することなく利用者の口コミによって全国展開してきました。

部分ウィッグに使用されている素材は、高級化学繊維(ファイバー)、耐熱化学繊維(耐熱ファイバー)、人毛と化学繊維を混ぜた人毛Mix、人毛100%と豊富な種類から、自分に合った素材を選ぶことができます。つむじや分け目部分には、リアルな人工皮膚を採用し、まるで自然に生えているような生え際を再現しています。マリブウィッグが誇る人毛Mixは、本物の髪の毛と変わらない質感と扱いやすさで多くの方から指示されています。

〇アクアドール

引用元:アクアドール公式サイト

年齢問わず人気のアクアドール。低価格でありながら高品質で、見た目の自然さを重視した商品を多く取り揃えています。アクアドール自慢の部分ウィッグには、つむじや分け目にリアル感のある人工皮膚を使用しており、「さりけない」「わざとらしさ」が出ないよう、緻密に計算された毛量でバランスよく仕上げているのが特徴です。装着もクリップで簡単にでき、高い通気性と軽さでストレスなく使用できると高く評価されています。

〇レディースアデランス Raffine(ラフィーヌ)

引用元:レディースアデランス公式通販サイト

知名度では他社に引けを取らないレディースアデランス。品質はもちろんのこと、アフターフォローも充実しています。レディースアデランスは高いというイメージをお持ちの方も多いと思いますが、公式のネット販売では、セールが開催されていたり、ポイントが利用できたりとお得に購入できる情報が満載です。さらに、自宅でゆっくりと無料で試着できるサービスもあり、安心して購入できるのもポイントです。

部分ウィッグで人気の「Raffine(ラフィーヌ)」は、自然な見た目と髪の流れを演出した商品にも関わらず、比較的安価で購入できるためおすすめです。気になる商品が見つかったら、ぜひ試着システムを利用してみてはいかかでしょうか。

〇classy wig

引用元:classy wig公式

当メディアが運営しているオーダーメイドの部分ウィッグ専門店「classy wig」では、カウンセリングからウィッグオーダー、さらにアフターフォローまですべてオンラインで完結するサービスを行っています。

一人ひとりの悩みを真摯に聞き取り、専任のスタイリストがあなたのためにあなただけに合ったウィッグを提案しています。高品質の素材と技術にこだわった商品はすべて日本製です。髪色は25色と豊富なため、あなたに合った地毛に近い色を用意しています。オーダーした商品は、購入後1か月以内であれば無料で調整できますので安心してご利用いただけます。提供しているサービスの料金は一律で、ウィッグが完成するまで追加料金は発生しませんので、ご興味がある方は、ぜひ、ホームページから気軽にお問い合わせください。

まとめ

ここまで、つむじや分け目が自然に見える部分ウィッグの選び方のポイントをくわしくご紹介しました。

部分ウィッグは、白髪・薄毛対策には最適のウィッグです。使用する毛量も少ないため、スタイルを大きく変化させることなく、低価格で利用できます。部分ウィッグ選びで一番重要なポイントは、つむじや分け目の仕上がりです。

頭頂部に長年お悩みの方にも、これからどうしようと悩んでる方にも、この記事がウィッグ選びの参考になれたら幸いです。

classy wigでは、公式LINEで価格やオーダメイドウィッグの特徴から、ウィッグの付け方まで質問や相談を受け付けております。以下のリンクから友だち登録をいただき、お気軽にご相談ください。

LINEで相談する 無料カウンセリングの背景画像
無料カウンセリングの背景画像
無料カウンセリングボタン
無料カウンセリングボタン